取引先との接待の席で、聞いた話です。
それは、出会い系サイトを利用すると、素人とセフレになれると言うこと。
人気の高い出会い系サイトは、利用者がたくさんいるのだそうです。
エッチな出会いを探す女の子も確実にいるから、利用価値が高いと教えられました。
これを教えてくれた男は、出会い系を使って若い肉体で快楽を味わっていたようです。
特にオススメだと言われたのは、出会い系サイトのJメール。
大手出会い系サイトの一つで、安全性も高く登録者が多い。
20代前半と、セックスができると言われ、相手を募集してみようと思いました。

 新潟の女性登録者も本当に多いと感じました。
20代前半に声をかけていく。
中年好きの女の子でも見つかればという気持ちでした。
メール交換にも成功。
新潟で生活している、18歳の女子大生でした。
メールもとても楽しくやりとりができ、次に無料通話アプリ交換。
大人の会話もしっかりとでき、相手の顔も確認。
大手もキュートな女子大生でした。
待ち合わせしてくれると言うことで、エッチするため、ホテルに入る約束に。

 車で向かえに行き、女子大生を乗せてラブホテルに到着。
若い女の子が相手ですから、気分がとても強烈に盛り上がっていました。
肌はすべすべ。
とても綺麗です。
愛らしい笑顔が魅力いっぱい。
形の良い乳房も、本当にエロスを感じさせてくれます。
引き締まったお尻。
オマンコも綺麗で、汁がたくさん溢れていました。
気持ちよくなってくると、その喘ぎ声が強烈になっていきます。
声を聞いていたら我慢ができなくなり、挿入開始。
若い女の子のオマンコはキツイ。
とても気持ちよく、前後運動に励みました。


今すぐ割り切りして遊べる出会い系サイト比較

(21歳・大学生・和友)
 女の子とは距離を置いて生活している、大学生です。
なんて書くと格好いいのですが、ただモテないだけです。
彼女なんかできない。
オナニーしかしていない。
欲求不満になってしまってて、何とかオマンコの穴が欲しいと考え続けてしまっていました。
東京で生活するようになっていますから、人口も多いのでセフレを作れるのではないかと思い、出会い系に登録しました。

 出会い系のハッピーメールで知り合ったのが、25歳の人妻でした。
メール交換は5往復程度。
LINEで通話することになりました。
この人妻、かなりオープンな性格のようで、エロい話も全く嫌がらない。
女の子と会話をすること自体もほとんどない自分としては、これでフル勃起状態。
人妻の方も、エロい話をしてムラムラ来て、マン汁が出たと言っていました。
それならと、待ち合わせする運びに。

 お互い京急線を利用しているから、大森海岸で会う約束に。
駅前でそわそわしながら待っていたら、やってきました。
エロい人妻。
しかもチャーミング。
オッパイもでかい。
その場でチンコが勃起。
歩道橋渡ってすぐのところのホテルにチェックイン。

 エッチが大好きな人妻だから、室内に入ったら即座に裸に。
欲求不満のチンコが、ものすごい硬度。
「すごいね、夫のより元気で大きくて硬い」
エッチな笑いを浮かべながら手コキ。
そしてフェラでした。
人妻にベロベロ舐められて、欲求不満の進行は気持ちよくなりすぎ。
我慢できなくなっちゃって、全裸にして挿入始めてしまったんです。
挿入始めると喘ぎ声がすごいですね。
「あんあん、いいっいいっ、オチンポっ!!あっあっあっ、いい」
こんなこと言いながら、感じまくってくれました。
無我夢中で動かしまくり、たっぷりたまったザーメンを発射でした。

(26歳・看護師・実咲)

 出会い系YYCで知り合ったのは、太ももフェチの男性です。
年齢33歳、スポーツインストラクターをやっている、Oさん。
住まいは私と同じ、新潟県糸魚川市。
ちなみに、私が出会い系サイトを利用した理由というのは、性的な解消不満するためでした。
看護師という仕事は、本当にストレスが溜まります。
異性と出会うチャンスも殆んどない。
拘束されない、気軽なセフレを作って、快楽とストレス解消を兼ねたセックスを楽しむためでした。
YYCを利用するようになってからは、私の人生も変化したように感じています。

 Oさんは、待ち合わせの時はフレアのミニスカートと、ベージュのパンストを指定してきました。
「この組み合わせが、凄く興奮してしまうんだよね」
足フェチの人らしい、指定に感じます。
もちろん私も、性的に満足したいために、相手の要求を拒むことはありませんでした。
糸魚川駅で私を見たOさんは「素晴らしいね、顔もスタイルも完璧じゃないのかな?」と、ご満悦の表情。

「太ももの形と言い太さと言い、理想そのものだよ」と、満面の笑みだったのです。
褒められて嫌な気持ちを持つわけもなくです。
「では、車に乗ってホテルへ行こうか?」
「はい」
爽やかな笑顔で言われ、素直に返事をしてしまいました。

 ホテルに行く前に、少しだけドライブをさせてもらって、良い気分にも。
ドライブ中にも、私の太ももに目線を送ってきたり、手を伸ばしてきたり。
さりげないボディタッチで気分は盛り上がるばかりでした。
「そろそろ、行きましょうよ」と、私からホテルへ行くお願いをしてしまったのでした。

 私を目の前に立たせ、品定めするかのように太ももの辺りをジロジロ見る。
そして触ってくる。
スカートに手も入ってくる。
優しく触られ、気分はますます高まってしまう私でした。

「完璧だね」と言いながら、裸にされてしまう私。
ブラも取られて、ショーツとパンストだけの状態に。
そこできつく抱き締められキスをされました。
「こんな魅力的な女の子を見たの、初めてだよ」

彼は興奮気味にいながら、私の肉体をむさぼり喰い始めたのです。
「太ももで、チンコを挟んでみて」
「足の裏でもチンコを挟んで、足コキして」
と、私の足を使って、オチンチンを刺激させてきました。
されると、凄く気持ち良さそうな表情と声を出していました。
とても大きなオチンチンを、夢中でフェラ。
ついに全裸にされて、オマンコもたっぷり舐めてもらう。
そして太いイチモツが私の中で大暴れでした。


↑このページのトップヘ